Go To トラベルで六アイに宿泊!

六甲ライナー回数券カードが販売終了|2020年3月31日までの購入で6月30日まで有効期間

六甲ライナーに乗る際、通常の乗車料金より少しお得に利用できる回数券。

回数券はカードタイプと切符タイプの2種類が販売されていますが、2020年3月31日でカードタイプの回数券の販売が終了となります(切符タイプの回数券は引き続き販売)。

2020年4月1日に購入できる回数券のタイプ、利用できる期限などをまとめました。

六甲ライナーの回数券カードが販売終了

六甲ライナーに乗るには、交通系ICカードをタッチするか切符で通過するかのどちらかですよね。

切符の場合は券売機で1回分を購入するか、回数券を購入するかの2パターン。回数券にも種類があり、そこから選んで購入となります。

普通回数券

  • きっぷタイプ
    11枚
  • カードタイプ
    11回券 / 22回券 / 33回券

時差回数券

  • カードタイプ
    6回券 / 12回券
  • きっぷタイプ
    販売なし

定期券のように、改札機に通すだけで使えて便利なのがカードタイプの回数券。それが、2020年3月31日で販売終了となります。

2020年4月1日以降に使える回数券は?

2020年4月1日以降は、きっぷタイプの回数券は引き続き販売されるので利用できます。

ですが、時差回数券はもともときっぷタイプの販売がなくカードタイプのみなので、実質2020年3月31日で時差回数券は販売終了となります。

2020年3月31日に販売が終了するカードタイプの回数券を購入した場合は、2020年4月1日以降も有効期限終了まで利用できます。

回数券は、購入日の翌月から3ヵ月間有効(例:3月中に購入の場合、有効期限は6月30日まで)。

例えば2020年3月31日にまとめ買いをしても、2020年6月30日までに使い切る必要があるので、カードタイプの回数券を買いすぎないように注意が必要です。

参考 回数券をご利用のお客さまへ神戸新交通

これから六甲ライナーに乗るには、

  • ICOCAなどの交通系ICカード
  • きっぷタイプ(1枚ずつ)の回数券
  • 通常の乗車料金分のきっぷ

この3パターンから選ぶことになります。

長い間、とても便利に使えたカードタイプの回数券。販売終了は残念ですが、2020年4月1日からはICOCAのチャージ還元サービスがスタートするので、そちらもうまく利用していくと良さそうです。

参考 チャージ還元サービスのご案内神戸新交通

関連記事

六甲ライナーでICOCAチャージ還元スタート!割引を受ける方法・条件まとめ