Go To トラベルで六アイに宿泊!

【夏休み2020】六甲アイランドで夏を楽しむ方法5つ|コロナ対策は万全に

今年の夏休みは、新型コロナウイルスに気をつけながら過ごす、いつもとは違う夏。

でも、短い夏を少しでも楽しみたいですよね。

そこで、神戸・六甲アイランドで夏を楽しむ方法をご紹介。

もちろん新型コロナウイルス感染予防対策をするのは前提のうえ、六甲アイランドの様々な場所・方法で夏を楽しめます💡

六甲アイランドに住んでいる方だけでなく、本土の方もご覧ください😊

六甲アイランドで楽しむ夏2020

デカパトス

やっぱり六甲アイランドの夏に欠かせない場所といえば、デカパトス。

今年も7月11日からオープンしています。

新型コロナウイルスの影響もあり、例年に比べると人出が少ない日もありますが、基本的にはプールは例年と変わらず楽しめます。

六甲アイランドの住民は、本土に出なくても徒歩や自転車で行ける距離のデカパトス。

島外の方も、車や電車・バスなどでアクセス良好な場所にあるので行きやすいプールです。

リバーモール

アイランドセンター駅からマリンパーク駅にかけて、人工の川が流れている公園・リバーモール。

水深が浅いところが多いので、大人は足を浸けて座って少し涼んだり、子どもはちょっとしたプールとしても遊べます。

また、六甲ライナーの高架下を中心にベンチがたくさん置かれているので、日陰を見つけてそこでテイクアウトランチというのもおすすめ。

注意
子どもが水に入って遊ぶときは、大人の方は目を離さないように気をつけてください。

芝生広場

アイランドセンター駅とマリンパーク駅の間に位置する広大な芝生広場(六甲アイランド高校の山側)。

とても広く日陰ができる時間は少ないですが、気分転換に体を動かすのにぴったりの場所です。

ただ、中学生以上は野球やサッカーなどボールを使った遊びなどは禁止されているので、ルールを守って楽しむように気をつけてください。

注意
芝生広場には自販機はないので、あらかじめドリンク持参が推奨。直射日光が強いので、熱中症にならないように気をつけてください。

RICバーベキュー広場

マリンパークの近くにある「RICバーベキュー広場」。

「RICバーベキュー広場」には、炉つきサイトとフリーサイトの2種類があり、気軽にバーベキューを楽しめる場所(事前に要予約)。

六甲アイランドは公園が多いですが、バーベキューは禁止されているのでここを活用します。

駐車場はすぐ隣(出入りできる場所)なので、荷物が多くても何かと便利。

ちなみに六甲アイランドの住民の方は、便利なアウトドアワゴンを活用されている方が多い印象です。

注意
友人とのグループでも楽しみたいBBQですが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、極力それは避け、家族で楽しむことをおすすめします。

マリンパーク

六甲アイランドの南端にある公園・マリンパーク。

目の前には海が広がり、パームツリー(ヤシの木)もたくさんあるので、まるで南国・ハワイにいる気分が味わえる場所です。

マリンパークにはたくさんベンチが設置されていますが、屋根がないところが多いので、サンシェードを持参するのもおすすめ。

マリンパークにはカフェ「feel dining cafe&sea」があり、ランチやお茶なども楽しめます(テラス席あり!)。

マリンパークへは、マリンパーク駅から南へ歩いてすぐですが、駐車場も近くにあります。


様々な場所・方法で楽しめる、六甲アイランドでの夏。

今年は、毎年約30,000人が訪れる大人気の「RICサマーイブニングカーニバル(夏祭り)」が中止になったりと大きなイベントはありませんが、家族で六甲アイランドの夏を楽しんでください😊

関連記事

【六甲アイランドのイベント】2020年8月開催予定一覧|新型コロナで夏祭り中止 【神戸ベイシェラトン】「ガーデンカフェ」ランチバイキング|六甲アイランドで人気! 【新型コロナ対策】六甲アイランドでの日常生活で気をつけたいこと7つ|みんなで乗り越えよう!